2017年2月9日木曜日

ストレーキの自作

これは東京オートサロンを見に行ったときに偶然見つけたものです。
これは海外生産限定のピックアップトラック トヨタ ハイラックスの現行車
泥除けではなくストレーキという空力パーツの一種。車高の高い車では無意味と思ってましたが、純正で装着されています。こんな小さいので効果があるならジムニーでも通用するかも?ということで作ってみました。

そもそもストレーキとは?(航空機のストレーキとは別物)
簡単に言えば、直進安定性と空気抵抗を改善するためのものです。
高速で回転するタイヤに空気がぶつかれば、それが大きな乱流になることは想像に難しくないと思います。ストレーキは空気がタイヤにぶつかる前に、板状のパーツでサイドへ受け流して乱流の発生を押さえます。ちなみに最近の車では当たり前のように付いてます。

ストレーキはもっとも空気を受けるフロントに付けるのが効果的ですが、形的に付けづらいので見送り、リアタイヤのみに付けます。
とはいえ、AZオフロード(ジムニー)の場合は車体下部が丸まっててこちらも中々付けづらいです。結局サイドシルガード用と思わしき穴を使って取り付けることに。
いきなりですが、パーツが完成しちゃってます。
取り付け
本物のカーボンではありません。いつも通りカーボンシート貼ってあるだけです。極力コストを抑えるためにストレーキは5mmのゴム、上のサブストレーキは1mmの塩ビ板、ベースの板に至っては3mmの木板です。さほどの強度を必要としないので木板を使いましたが、腐ったりしないようにニスを塗ってあります。
固定に使っているアルミのステーは1.5mmのアルミ板から適当に切り出して作りました。極力ボディの金属部に穴を開けたくなかったので、樹脂製のフェンダーアーチに穴あけして留めています。

さて、取り付けたもののしばらく高速を走る機会はないので、効果を確認するのは先になりそうです。テストできたらまた書きます。

0 件のコメント:

コメントを投稿