2017年4月22日土曜日

バケット型クッション アメージングGT

ネットでこんなものを見つけてつい衝動買いをしてしまいました。
ミッションプライズが出している「アメージングGT」というバケット型のクッションです。左右のへりの部分にマジックテープが付いていて自分の体形に合わせて幅や位置を変えられる様になっています。これは最下位グレードのスタンダードで、上位グレードになると腰や肩などにサポートパットが追加されます。

座ってみると市販のセミバケットシートに負けず劣らずのホールド性があります。あくまでもクッションなのでスポーツ走行には使えませんが、ジムニーにとってそんな事は無縁、長距離移動や林道走行の疲労軽減に役立ってくれれば十分に存在意義があります。
ついでにアイポイントも若干高くなるので視界的にもメリットがあります。

一つ不満を言えば、マジックテープで付いてるだけなので昇降時はサイドサポートがバタバタして若干昇降しづらいです。まあ値段相応ですしこの辺は仕方ないですね。

とはいえ最上位グレードでも1万半前後なので割とお買い得な商品だと思います。

2017年4月12日水曜日

履帯風タイヤカバーを作ってみた(スタック脱出機能付き)

スペアタイヤにカバーを着けたい
しかしカバーを着けるとせっかくのホイールが隠れてしまう。
タイヤ部分だけ覆うカバーを思いつく。
どうせならカッコよくしたい。
履帯風とかカッコよさそう。
これはスタック脱出ラダーに使えるのではないかとひらめく。

というわけでスタック脱出機能を持たせた履帯風タイヤカバーを作ることになりました。

ベースになるのは安価でそこそこ強度のある木材
どんな形が良いか色々試した結果こんな形状に落ち着きました。
M5のコの字ボルトで履帯を連結、サイドのブロックでずれないように抑えます。

仕様が決まったので量産します。
カドを落としたりグリップ用の溝を掘ったり。
防腐塗装をしてブラックにペイント
ブロックはサイドウォールも傷つけないように角を落としました。
スタック脱出時にずれ動かないようにアルミアングルで爪を作ります。
組み立てるとこんな感じに
履帯っぽくなりました、あとは連結させるだけです。

取り付けて完成!

一つ一つの作業は簡単なんですが、それを20個も作らないといけないので地味につらかったですw。
10ピースで1セットとし、2つをターンバックルで連結しています。対角スタックに陥った時の事を考慮して2つに分けています。

スタック脱出と言ってもこれが使えるのは砂地と雪の二つになりますね。泥(沼地)だと完全にスリップして使い物にならないと思われます。

かなり厳つい感じでイイ!

ただ、割と隙間があって本来のタイヤカバーとしての目的があまり果たされていない...
まあその辺は追い追い改良していきます。

2017年4月2日日曜日

ハイブリッジファースト トルク型フロントパイプ

ついに排気系カスタムです。
ハイブリッジファースト製のトルク型フロントパイプ、文字通りトルク(低中速)を重視したフロントパイプです。途中にサイレンサーが付いていて排気音の低減も図られています。
付属していたカタログ
ピークトルク域が300回転下がるという事は約3200回転付近がピークになりますね、パワーカーブがそのまま低回転側にスライドしたわけではないと思いますが、下からのトルクは期待できそうです。

交換作業、潜りやすいように左側を持ち上げます
走行距離はまだ38000kmと少ないものの、ボルトは既に錆びています。5-56をボルトに浸透させて緩めます。
外したボルト、左がエンジン側で右はマフラー側、高温にさらされるエンジン側はしっかり錆びてます。横にフロントタイヤがあるので、ウェット路面なんかだと跳ね上げた水が直にかかるのでより錆が促進されるのかもしれません。
錆びてはいるものの、ネジ山はしっかり残っていて再使用はできますが、今回は新品に交換します。
形が複雑なので重量の測定はできませんでしたが、持った感じ純正よりちょっと重いです。
純正は妙にくびれがあります。わざとなのかコストの問題なのかは不明です。

ガスケットはまだ使えそうでしたが、せっかくなのでこれも新品に交換(買ったボルトにセットで付いてきました)
取り付けついでに耐熱ペイントで塗装、狭くて完璧には塗れませんが、まあ無いよりましでしょう。
取り付け完了

塗装後、排気漏れがないかエンジンをかけてチェックすると、すぐに排気音が下がっていることに気づきました、計測値で3.5デシベルダウンとありましたが、回転数で例えると500回転くらい回転数が低くなったように感じるレベルです。

排気漏れは無かったので走行テスト、結果は...

劇的とは言わないまでも、低速からのトルクが確実に上がってます。ピークトルクが300回転後退と書いてありましたが、それ以下の回転域でも同じくらいトルクが前倒しされてる感じです。また、これに影響してかATの変速ショックが減りました。おそらく低速のトルクが上がったことで変速時に回転数がキープできるようになった為と思われます。(通常の加速で大体2000~2500回転ほどで変速するので、この回転域でもトルクが上がっている模様)

このフロントパイプを付けて燃費が1km/L以上伸びたという人もいるので、今後の給油が楽しみです。

2017/6/2 追記:
今回の給油で11.2km/L(街乗り)を記録、ほとんどがちょい乗りの状態でリッター11kmを超えたのはこれが初めてです。フロントパイプの効果がしっかり出てます。さらに、給油間走行距離およそ300kmの内フロントパイプを交換して走行した距離は約半分で、フルに走行すればもう少し燃費が向上すると思われます。


あ、そうそう、フォグランプをイエローにしました。ハロゲンタイプです。


2017年3月26日日曜日

ジムニー(AZオフロード)の燃費記録 No.03

燃費記録パート3です。
ちなみによく使う高速は往復約300kmあります。

今回の燃費は13.7km/L、高速の往復で2番目の好燃費になりました。

今回の状態ですが、ルーフボックスは外し、3人+荷物少量です。
これまでの燃費がリッター12km台だったことを考えると、リッター1km前後向上してます。(1番の記録はフューエルワン使用時)
前回までに色々と変更点やら改造があるのでまずズラッと
・Rewitec Power Shot S コーティング完了
・スパークプラグ交換(NGK Premium RX)
・インタークーラーガイド改良
・リアストレーキ装着
・ボンネットスポイラー装着

特にパワーショットの影響が強そうです。街乗りでもすでにリッター10kmを出せるようになってきているので、それもあってか、いつも通り90km/hで巡航していると、いつもよりスピードが上がりやすいように感じました。

そろそろパワーを測ってみたい感じがしますが、ATって測れるのかな?

2017年3月20日月曜日

改造フェンダーミラー 改

以前付けたフェンダーミラーの塗装が剥がれてきてしまっていたので、再塗装することにしました。
実は黒の塗装の下はメッキだったりします。そりゃ簡単に剥がれますわね。
とりあえず塗料がのりやすいようにペーパー掛け
ミッチャクロンが余ってたので下地処理して塗装。今回は同色のシルバーにしました。
最後はクリヤー塗装してます
ついでに取り付け具も改良。
前はネジ類が露出してちょっと微妙だったので今回は完全に隠れるようになってます。
改良ってわけじゃないですが、取り付け位置を約10cmほど後ろへ後退してミラーをより見やすくしました。

同色だと一体感が出ていいですね、サイドアンダーミラーの穴を隠してる化粧板も同色にしてもうもっと一体感を出したいところ

2017年3月10日金曜日

純正アルミホイールの塗装

純正のアルミホイールをブラックに塗装してみました。同時にタイヤもスタッドレスから交換です。
生地色の塗装の薄い部分に白サビが出来てます。塗装の下に根をはるように出来ているので、表面の塗装を落とさないと除去できません。ならいっそ上から塗ってやろうってことになりました。
まず研磨剤が入ってるクレンザーで洗浄、脱脂してミッチャクロンで下地塗り。
塗装はニッペのシリコン配合のプレミアムスプレー(マットブラック)にクリヤーウレタンでコーティング。マットの上からクリヤー塗装したので何とも言えない質感になってます。
裏は塗装してません。(コストが倍になるので)

ちなみに裏側、クレンザーを使って根気よくこすり続けた結果
before
after

かなり落ちましたが、心が折れたのでやめました。

2017年2月26日日曜日

ボンネットスポイラー

ボンネットスポイラー付けてみました。
ちなみに元はオーバーフェンダーモールです。こっちの方が安かったのと、形状的に十分機能しそうだったのでこれを選びました。

ボンネットスポイラーは壁を作って後ろ側に負圧の渦を作ってエンジンルームからエアを引き抜くためのもの、GTカーではラジエターからの空気をより引き抜くためにボンネットに巨大なアウトレットと一緒にボンネットスポイラーが付いてます。

要するに冷却性能を向上させるための物ですね、普通車の場合はボンネットの後端に取り付けてボンネットの隙間から吸い出します。と言っても、市販車用品の場合は空気を出すというより、気流の向きを変えてガラスに虫などが付きにくいようにするためのものが多いようです。(ワイパーにも風が当たりにくくなるのでフロントの整流にも役立つかも?)

体感できるほどではないと思いますが、エンジンルームの空気の引き抜きと跳ね上げで少しはダウンフォースを作れるかも。

ところでジムニーの場合、エンジンルーム内へ水が入らないようにゴム製のモールがあって隙間がふさがれているので、モールを低い物に交換しました。
ホムセンで売ってたもので適当にまかなってます。シールで貼ってるので剥がれたり、熱で劣化しないかなどちょっと不安要素がありますが、まあ様子見です。一応エンジンルーム内のものは防水性を考えて作られてますし、ぶっちゃけ無くてもいいんじゃ?と思いましたが念のため。
どう頑張ってもピントが合わなかったんですが、隙間が出来てるのがお分かり頂けるでしょうか。

このパーツも高速用なので一般道じゃ効果は分かりません。まあ高速を走ったとしても雨が降ったりしない事には視覚的には分からないですね。